Make your own free website on Tripod.com
1998年12月分    戻る

*********************************************

100%真実の告発 98/12/2

第133号

敬称は略させて頂きます。

*********************************************





■( 私の真実の訴えを日コン連さんがマスコミに配信して下さいました。)



日本コンピュータークラブ連盟 http://webbase.sun-inet.or.jp/~nichikon

さんが、12月1日にマスコミ80個所に私の真実の訴えを配信して下さい

ました。

下記は、日コン連ニュースVOL73(1998.12.1発行)からの転載です。



---------------------------------------------



インターネット上でブレイク。真実の訴え。メールマガジンとホームページ

で、堺に住む竹林政行(0722-**-****)さんが、自分の作った歌が盗作され

たと訴えている。 以下、竹林さんのメールマガジンから。



―――――――――――――――――――――――――

◆ 著作権を盗まれた私の曲です。



( 五十音順 )( まだ、あります。) 「悪女」「あした天気になれ」

「雨の慕情」「傘がない」「飾りじゃないのよ 涙は」「北の宿から」

「君のひとみは10000ボルト」「恋人よ」「氷の世界」 「心もよう」

「この空を飛べたら」「さざんかの宿」「時刻表」「秋止符」 「昴」

「チャンピオン」「津軽海峡・冬景色」「遠くで汽笛を聞きながら」

「春一番」「舟唄」「冬が来る前に」「冬の稲妻」

「昔の名前で出ています」 「誘惑」「雪国」「夢の中へ」

「リバーサイドホテル」 「わかれうた」

―――――――――――――――――――――――――



このメールマガジンの発行部数は、メール配送サービス会社の調べで、10月

度 89位 5343部で、現在は、6000部を超えるまでになっている。



竹林 政行さんの E-mail:peace@pure.co.jp



(100%真実の告発バックナンバー)

http://www.geocities.co.jp/Milkyway/6729/toa.html

( 告発日記 )http://www.pure.co.jp/~tikyuu/9712up/takebayasi.html

( 真実調書 )

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/1911



竹林さんの告発文の中に登場する平野中学校・東住吉工業高校時代の駿河学

(笑福亭鶴瓶)や谷村新司との接点については、当時、鶴瓶や谷村新司が東

住吉区(その後分区した平野区含む)に在住していたのは確かなので、その

部分については、矛盾点は感じられない。



---------------------------------------------



++++++++++++++++





■( 下記の広告で相互宣伝して下さる方を募集しています。)



----------------------------------------------

■ 井上陽水さん、この歌は私(竹林政行)が作りましたよネ!!

□ 堀内孝雄さん、その歌も私(竹林政行)が作りましたよネ!!

■ 阿久 悠さん、あの歌も私(竹林政行)が作りましたよネ!!

□ 無料メールマガジン 『100%真実の告発 』 ( ID : 3265 )

■   http://www.geocities.co.jp/Milkyway/6729/toa.html

-----------------------------------------------



■ 上記の広告を掲載して下さっているマガジンさんを紹介しま



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   メールマガジン

「人生を考える」  ID: 0000004830 あなたは今、充実した人生を送って

いますか。良い人生を送るために どんな考え方を持って生きていけばいいの

か皆で考えていきませんか ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━



−−−−−−−−−−−−情報処理科の実相−−−−−

 とある高校の情報処理科のクラス風景を描く、現代の高校生の  実体と情

報処理教育が分かる!(実話です) ID: 0000005883 −−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−



===「失敗しないためには」==ID:0000006934=

〜こんな失敗したことない? そんな失敗、あなただけじゃない。  みんな

がする失敗、みんなで考えてみんなで失敗しないようにしようよ〜

========================



++++++++++++++++





■ 今、「メールマガジングランプリ'98〜'99」が開催されています。

http://www.eva.hi-ho.ne.jp/rainbow/grandprix.html



本誌も参加しています。( 真実の訴えを広めたいのです。)



読者の皆様 、 上記のURLにて清き1票を本誌に入れて下さい。 宜しくお

願い致します。

( 上記のURLに下記のような送信フォームが用意されています。)



-------------------------------------------

あなたのお名前:



あなたのメールアドレス:



あなたが投票するメールマガジン:100%真実の告発( と書いて下さい。)



このメールマガジンの発行元または発行者 (もしくはまぐまぐなどのID番号)

: 3265( と書いて下さい。)



このメールマガジンの発行方法 (以下から選んでください。) : まぐまぐ

( を選んで下さい。)

まぐまぐ

Macky!

フライヤーマシーン

ココ・デ・メール

そのメールマガジン

独自の配信方法

その他の配信方法 わからない



このメールマガジンは …(以下から選んでください。) :

おもしろい

仕事でつかえる

生活が豊かになる

元気になる

知識の幅が広がる

オリジナリティ溢れている

笑える わかりやすい

仲間に出会えた

インターネットが楽しくなった

上記にはあてはまらない



このメールマガジンが好きな理由を書いてください。:



--------------------------------------------




********************************************* 100%真実の告発 98/12/3 第134号 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■( 読者の方から頂いたメールです。) 私も大阪に住んでいます。 > 「アリス結成から解散までの秘話」と記載されていた > のは、週刊テレビガイドや週刊テレビジョン等の番組 > 欄ですか? 今朝の新聞の番組欄には、「谷村新司 > 涙の貧乏人生1億5000万の借金返済」と記載されて > います。 番組欄に記載される言葉を変える事は前例が > ありますか? 私はラテ欄を作っている会社に勤めています。 大体、日曜日のテレビ欄は5日前位に作成するのですが、確か、その時点で 「ハッピーバースデー」の内容は「谷村新司涙の貧乏人生1億5千万借金返 済」となっていたと思います。 それに内容を出すのは関西テレビです。 録りはCXですけど。 それに新聞のテレビ欄の内容は前日でも結構ころころ変わります。 ■( 読者の方から頂いたメールです。) > 「アリス結成から解散までの秘話」と記載されていた > のは、週刊テレビガイドや週刊テレビジョン等の番組 > 欄ですか? 私が見たのは東京ニュース通信社のTV Bros.です。 隔週のテレビ雑誌です。 ■( 読者の方から頂いたメールです。) 「ハッピーバースデー」(11/29 フジTV) さわりの部分はただ一カ所でしたね。 アリス結成 1971(昭46).12.25 ( あなたは高三でしたね ) 11曲目に「冬の稲妻」 発売 1977(昭52) 堀内孝雄 :  「 突然フレーズが浮かんできたんや 」 ナレーター:  「 谷村が書いた詩に堀内がメロディをつけたものだ った 」 この彼らの主張に対して、あなたの反論を待っているのは私だけでしょうか。 何とか当時のことを思い出していただけないでしょうか。 これは格好の 材料が提供されたものですよ。 私の憶測ですが、フジTVも真実の反論 を待っているかも知れないとも考え ています。 決して谷村新司を好意的 に取り扱っているようには受け取れない場面を入れ ています。 「 過去を作り変えて・・・・」 とか ココリコに「 裁かなきゃいけない 事件があるんですよ」 と言わせてみたり、多分本人の了解は取っている も ののゲストをここまできわどく取り上げるのは普通とは思えません。 この壁を崩す客観的事実をつきつけられないものか。 「冬の稲妻」を何時作り、何時、誰に、あなたから渡ったのか、思い出せ ま せんか? 糾弾の格好の的ですよ。 ■( 発行者のことばです。) 1974(昭和49年)に駿河 学(鶴瓶)の実家をそれと知らずに営業訪問 した時に「冬の稲妻」を歌いました。 駿河 学(鶴瓶)が、谷村新司、堀内孝雄に直接、伝えたのか、その間に他に 誰かいるのかは、私には判りません。 「冬の稲妻」を作詞作曲したのは、1974(昭和49年)に駿河 学(鶴瓶) に遭った時よりも以前です。 失恋を爽やかなメロディに乗せて表現したら却って傷心を強く印象づける歌に なると思って「冬の稲妻」を作詞作曲しました。 ■( 発行者のことばです。) 「ハッピーバースデー」(11/29 フジTV)が放送される前は、本誌 の発行部数が6035部でした。 それが、先程、調べたら5939部に減っています。 私には、真実の訴えよ り盗作者に有利な放送をしているような気がしてなり ません。 全てのキー局は、私の訴えが真実だと知っています。 大阪にある全ての放送局は、私の訴えが真実だと知っています。 ■( 下記の広告で相互宣伝して下さる方を募集しています。) ---------------------------------------------- ■ 井上陽水さん、この歌は私(竹林政行)が作りましたよネ!! □ 堀内孝雄さん、その歌も私(竹林政行)が作りましたよネ!! ■ 阿久 悠さん、あの歌も私(竹林政行)が作りましたよネ!! □ 無料メールマガジン 『100%真実の告発 』 ( ID : 3265 ) ■   http://www.geocities.co.jp/Milkyway/6729/toa.html ----------------------------------------------- ■ 上記の広告を掲載して下さっているマガジンさんを紹介します ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   メールマガジン 「人生を考える」  ID: 0000004830 あなたは今、充実した人生を送って いますか。良い人生を送るために どんな考え方を持って生きていけばいいの か皆で考えていきませんか ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ −−−−−−−−−−−−情報処理科の実相−−−−−  とある高校の情報処理科のクラス風景を描く、現代の高校生の  実体と情 報処理教育が分かる!(実話です) ID: 0000005883 −−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−−−−− ===「失敗しないためには」==ID:0000006934= 〜こんな失敗したことない? そんな失敗、あなただけじゃない。  みんな がする失敗、みんなで考えてみんなで失敗しないようにしようよ〜 ======================== ++++++++++++++++ ■ 今、「メールマガジングランプリ'98〜'99」が開催されています。 http://www.eva.hi-ho.ne.jp/rainbow/grandprix.html 本誌も参加しています。( 真実の訴えを広めたいのです。) 読者の皆様 、 上記のURLにて清き1票を本誌に入れて下さい。 宜しくお 願い致します。 ( 上記のURLに下記のような送信フォームが用意されています。) ------------------------------------------- あなたのお名前: あなたのメールアドレス: あなたが投票するメールマガジン:100%真実の告発( と書いて下さい。) このメールマガジンの発行元または発行者 (もしくはまぐまぐなどのID番号) : 3265( と書いて下さい。) このメールマガジンの発行方法 (以下から選んでください。) : まぐまぐ ( を選んで下さい。) まぐまぐ Macky! フライヤーマシーン ココ・デ・メール そのメールマガジン 独自の配信方法 その他の配信方法 わからない このメールマガジンは …(以下から選んでください。) : おもしろい 仕事でつかえる 生活が豊かになる 元気になる 知識の幅が広がる オリジナリティ溢れている 笑える わかりやすい 仲間に出会えた インターネットが楽しくなった 上記にはあてはまらない このメールマガジンが好きな理由を書いてください。: --------------------------------------------
********************************************* 100%真実の告発 98/12/6 第135号 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■( 発行者のことばです。) 出版関係の方から取材の申し込み、問い合わせなど多数、受けてきましたが、 まだ、発表出来る段階ではありません。 もし、圧力に抗しきれなくて出版できなかったら、・・・・・ 最終的には、海外の出版社で発行してくれるところを探します。 日本語の本が海外で出版されたら、余程の圧力が日本国内に渦巻いているんだ と皆さんに御分かり頂けるんじゃ無いでしょうか。 却って話題性が増して大反響を呼び起こすんじゃ無いでしょうか。 国内の権力者たちもアメリカ、中国、ロシア、イギリス、フランスなどの 出 版社にまでは、圧力を掛けられないと思います。 ++++++++++++++++ ■( あるライターさんから頂いたメールです。) はじめまして。 フリーのライターをしております * * と申します。 告発の件、大変興味深いですね。 * * * * * * * の編集サイドに、この話をしてみようと思っています。 ネタ としてはかなり面白い(こんな言い方は失礼ですが)ので、後は メディア側 が圧力にどれだけ耐えられるか、ということだと思います。 またご連絡させて頂きますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。 * * * * * * * * ( 当方のアドレス、極秘でお願いします ) ++++++++++++++++ ■( あるライターさんから頂いたメールです。) はじめまして。 ライターの * * と申します。 竹林さんのホームページを拝見いたしました。 この中で「告発日記」は大変興味深い内容でして、できますれば 一度お会い して取材させて頂ければと思います。 お忙しいとは存じますが、何卒、宜しくお願い致します。 ++++++++++++++++ ■( ライターの真宮 希月さんから頂いたメールです。) はじめまして。執筆依頼を受けた者です。 アドレスを公開しますので、 皆様からの質問にも御答した いと思っておりま す。 ただ、秘密裏に行動しているので、 話せる内容はごく限られたものになりま すこと、 ご容赦ください。 私は20代のフリーライターです。 今回このような形で書きたいと申し上げたのは私の方です。 実もふたもない中傷メールを送られている方、 また、中立の立場におられる皆様方に、 私の気持ちを少しでも御判り頂けると思ったからです。 第三者に執筆を任せるという事実を考えてください。 竹林さんにどんなメリットがあるのでしょうか? 竹林さんの告発活動はあと一歩のところまで来ています。 しかし、長くて険しい一歩です。 皆様方の力を御借りしなければ、 辿り着けない勝利なのです。 どうか、これからも御力添えをよろしくお願い申し上げます。 孤独な戦いを続けておられる竹林さんを 支えてあげましょう。 これを「自作自演」と受け取られる方には もはや、本を読んでい ただく以外に方法はありません。 私は自分にできることを精一杯やるだけです。 私のことを信じてくださる竹林さんに、 そして、皆様方に。 恥ずかしくない原稿を書くこと、ここにお約束します。 平成10年12月6日     真宮 希月 cap83360@pop01.odn.ne.jp ■( 下記の広告で相互宣伝して下さる方を募集しています。) ---------------------------------------------- ■ 井上陽水さん、この歌は私(竹林政行)が作りましたよネ!! □ 堀内孝雄さん、その歌も私(竹林政行)が作りましたよネ!! ■ 阿久 悠さん、あの歌も私(竹林政行)が作りましたよネ!! □ 無料メールマガジン 『100%真実の告発 』 ( ID : 3265 ) ■   http://www.geocities.co.jp/Milkyway/6729/toa.html ----------------------------------------------- ■ 上記の広告を掲載して下さっているマガジンさんを紹介します ============================================== 【サイバッチ!】インターネット史上最悪のゴシップマガジン アングラ情報から、政財界、芸能界、出版業界の内幕暴露ま で。匿名座談会 も準備中。皇室HP、NシステムHPの河上イ チロー、山口組、後藤組、道 仁会上層部に太いパイプを持つ 作家・安田雅企を執筆者に迎えさらにバージ ョン・アップ。 インサイダーだけが知るトップシークレットを白日に曝す。 http://member.nifty.ne.jp/~cybazzi/ ================================================
********************************************* 100%真実の告発 98/12/7 第136号 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■( 読者の方から頂いたメールです。) こんにちは。 まぐまぐさんから、「それ論」というマガジンを発行している kennyという 者です。 毎回楽しくマガジンを読ませていただいております。 あまりにも突拍子もない話、と最初は思っていたのですが、どうもそれだけ では片付けられないなあ、と最近は思うようになりました。 こんなに堂々と盗作事実を訴えているのだから、本人達から名誉毀損で逆に 訴えられてもおかしくないですよねえ。 それがないというのが一番引っかかるところです。 それにしてもやっぱり盗作曲が多すぎて、信じられない方の気持ちも まあ、 分かりますし。 でもあなたの主張がもし全部本当だったら、ボクの中ではある意味、今世紀 最大の大事件です。 どうぞ、世間に真実を訴え続け、音楽業界の悪事を暴いて下さい! 応援して います。 さて、ボクは現在アメリカはシアトルの大学に留学中です。 マガジンの内容は主にコラムや簡単英会話やアメリカでの寮生活、音楽の話 などで構成していくつもりです。というのも、登録してまだ半月程度のマガ ジンで、2回しか発行していません。読者は現在384人です。 大好きな「100%真実の告発」と相互宣伝をさせて頂きたく、メールを 書 いています。以下はメルマガの情報です。 ID: 0000008860 正式名称: 「それ」論 発行責任者: kenny 発行責任者メアド: kenny_rose@geocities.co.jp 紹介文1: 現在シアトル留学中な俺(多重人格)。何でもアリだわ。 豆知 識とか呟きとかも多いわね。楽しいわ。笑えるアメリカ(英語) の話題とか オレ的超実用英会話とかもだわよ。邪魔になんないから 一応登録しとくとい いわね。 紹介文2: シアトル留学中の作者による、簡単英会話、アメリカでの生活、 コラム、詩、音楽の話、猫、豆知識などなどの変なマガジン。 紹介文1は実際にまぐまぐさんに登録している紹介文。 でもかなりふざけているので、メルマガの雰囲気を壊してしまう可能性が あ ります。 その場合は2を使用して下さい。 そちらのマガジンの広告は、次回(今週発行予定)から毎回掲載させて頂 き ます。 また、そちらのマガジンの紹介文と宣伝は、第3回(再来週発行予定)か 第 4回にて掲載する予定です。 長くなりましたが、宜しくお願いいたします。 これからも頑張って下さいね。 Ken ■( 発行者のことばです。) メールを頂きましてありがとうございます。 本誌の前号に「日本の出版社が圧力に抗しきれなくて出版できなかったら、 最終的には、海外の出版社で発行してくれるところを探します。」と書き ま したが、アメリカのほうで、そういう御心当たりがありましたら知らせ て下 さい。お願い致します。 相互宣伝の件も宜しくお願い致します。本誌には、上記のように Ken さん の 文章を丸ごと掲載させて頂きました。
********************************************* 100%真実の告発 98/12/8 第137号 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■( 読者の方から頂いたメールです。) 12月10日から年末までマニラに行きます。 私は、日本人より外国人の親友が多い日本人です。 残念ながら向こうでは英語版なので、日本のサイトが読めません。 あなたの ことは発信済みですが今のところ半信半疑ですね。 質問責めにあいそうです。 PS.ところで竹林さんは英語はいかがですか。 ■( 発行者のことばです。) 私は、英語が苦手中の大の苦手です。 「100%真実の告発 」の英語版を発行して欲しいというメールを偶に 頂き ますが、時間的余裕がありませんと返信しています。 ( 第一、私は英語で書けません。) 日本の出版社が圧力に抗しきれなくて告発本を出せない時は、海外の出版 社 から出そうと考えていますので、その時の為に今から国際的に訴えて おかな ければならないのですが、( 英語で書けないのです。) 私が本の出版に拘るようになった理由は、中学の時の同級生と20人位、 連 絡が取れたのですが、インターネットをしているのは、その内の2人だ けな のです。 ネットは、まだまだ普及していないと実感しました。 告発本があれば持って行けますし、宅急便で送る事も出来ます。 そうすれば思い出してくれる可能性もあります。 ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) 毎号拝読しています。 御参考になるかどうか判りませんが、かなり以前 1970年代後半〜80年頃、 ” ダン池田とニューブリード ”という歌番組などの演奏をよくしていた バンド がありました。 このバンドマスターの ダン池田氏が、『芸能界今日も反省の色なし』と いう ような題名の本を出版していました。 私は読んでいませんが、タイトルから察するに芸能界の告発本かと思われ ま す。残念ながら出版社は失念しました。 かなり大手の出版社だったと記憶しております。 この出版社なら、話に乗ってくるのでは、と思いましてメールしました。 ■( 発行者のことばです。) どうも、ありがとうございます。 さっそく、出版社を調べて依頼します。 今後とも宜しくお願い致します。 ++++++++++++++++ ■( 読者の方 < アメリカの大学に留学されている学生さん > が日本テ レ ビさん宛ての嘆願メールを書いて下さいました。) To: The Administration Department Nippon Television Network Corporation Would you please rebroadcast the program "Star Tanjo" that Miyuki Nakajima and Tsurubei Syoufukutei appear on in the uncut version? I would love to watch it again! Thanx, *** ****** ********* College
********************************************* 100%真実の告発 98/12/9 第138号 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■ メールマガジン「それ論」( まぐまぐ ID:8860 )さんが私の訴えを 下記のように論じて下さいました。 皆さん、「100%真実の告発」というメールマガジンを知っていますか? 「それ論」の読者の中にも、購読者はおられるんじゃないでしょうか? 発行者は竹林 政行さんとおっしゃる方でして、内容が実に凄まじいんです。 「飾りじゃないのよ涙は」「傘がない」「氷の世界」「心もよう」「夢の中 へ」「リバーサイドホテル」「君のひとみは10000ボルト」「秋止符」「昴」 「チャンピオン」「冬の稲妻」「遠くで汽笛を聞きながら」「春一番」「悪 女」「あした天気になれ」「この空を飛べたら」「時刻表」「誘惑」「わか れうた」「冬が来る前に」「雨の慕情」「北の宿から」「恋人よ」「さざん かの宿」「津軽海峡・冬景色」「舟唄」「昔の名前で出ています」「雪国」 これはマガジン内からのコピーなのですが、これらの歌を一つも知らない人 なんていないでしょ? これが、な、なんと、全て竹林さんの作詞作曲で、全部が全部盗作だと訴え 続けているんです!下の方に彼のマガジンの広告を掲載していますが、彼は 実際、毎回名指しで、ミュージシャンに盗作事実を訴えています。 「はあ?ばっかじゃないのぉ?」と今にも聞こえて来そうですが、少し待っ てみて下さい。確かに突拍子もない話ですよねえ。そんなんいかにも胡散臭 すぎますよねえ。でも、彼のマガジンの読者は軽く5000人を突破してい て、彼のホームページも、ジオシティーズに堂々と開かれています。彼のマ ガジンの宣伝も、ネットサーフィンをやっていると、見かけたりもします。 結構有名人みたいですよ、インターネットの世界では。 もしも全部タダのデタラメだったとしたら大変悪質で、きっと今頃は名指し にしている数々のミュージシャンから名誉毀損とかで訴えられていて、メル マガなんて出してる場合じゃないはずですよねえ。じゃあなんで今でもこん な活動を進めているんだと思います?なんででしょうかねえ。不思議です。 ボクにはよく分からないけど、あえて言うなら、 「反論できないから」 という答えしか思い浮かびません。他にもなんか思いつきますか?なんか 思 いついた方、例によってお手紙下さい。いろんな人の意見が聞いてみたい で す。 ボクには本当のことは分かりません。誰が本当で誰がうそつきなのか?少な くとも、何にも証拠がないのに一方的に「単なる戯言」と片付けてしまう態 度は気に入りませんねえ。「ウソかホントか分からないから真実を知りたい !」と思うことの方が人間として正常なんじゃないでしょうか? かつて、日本テレビで放送された、中島みゆきと笑福亭鶴瓶の出演していた 「スター誕生」がノーカットで再放送されれば、彼の主張の真偽が明らかに されるらしいんですよ。そういった訳で、竹林さんや読者の方々が日本テレ ビに嘆願メールを書いているのですが、今のところ日本テレビからは全く返 答がないらしいです。また竹林さんは他にも、弁護士の方々や記者の方々に も訴えているのですが、一向に相手にされないそうです。本も出版したいら しいのですが、日本からの出版は難しいらしく、海外からの出版も考えてい るとか。全ては事実を知っている業界からの圧力が原因と彼は述べています。 竹林さんの主張を信じることを薦めているのでは決してありません。重要な のは、真実を明らかにすることです。ボクはどちらかと言うと中立の立場を 取ろうと思っていますが、少なくとも、沈黙を通し続ける業界のやり方には 反感を覚えますね。どちらが間違っているのか。一日も早い解決を望むばか りです。その為にも今は、ただ竹林さんのやろうとしていることに手を貸し てあげたい。1人でも多くの方に彼と、彼の主張を伝えてあげたい、と願っ ています。 興味を持たれた方は是非マガジン登録し、また彼のホームページで今までの 告発のおさらいをしてみて下さい。嘆願メールについての説明もHPに記載さ れています。以下がマガジンの広告です。これから毎回フッターにて宣伝を 続けていきます。 ---------------------------------------------- ■ 井上陽水さん、この歌は私(竹林政行)が作りましたよネ!! □ 堀内孝雄さん、その歌も私(竹林政行)が作りましたよネ!! ■ 阿久 悠さん、あの歌も私(竹林政行)が作りましたよネ!! □ 無料メールマガジン 『100%真実の告発 』 ( ID : 3265 ) ■   http://www.geocities.co.jp/Milkyway/6729/toa.html ----------------------------------------------- ( 「きっつい広告ですよねえ!」 Kenny ) ++++++++++++++++ ■( 発行者のことばです。) Kenny さん、 私の訴えを大々的に取り上げて下さいまして有り難う御座います。 感謝して います。 今後とも宜しくお願い致します。 私が糾弾している相手の作詞家、作曲家、シンガーソングライターなどが 私 を名誉毀損で訴えないのは、私の訴えが真実だからなのです。 相手側には証拠がありません。証人もいません。 私の訴えを新聞社、放送局が取り上げないのでは無く、取り上げられない の です。 取り上げる事 イコール 新聞社、放送局の自殺行為になるからです。 私の訴えが成就するには、出版社の力が必要です。 新聞社系、NHK系の出版社では無い、出版社です。 ++++++++++++++++ ■ 出版社の ぴいぷる社さんに下記のメールを送信しました。 ぴいぷる社 御中 突然 、失礼します。 竹林と申します。 私は20年くらい音楽著作権を侵害されています。 1年前からインターネット上に、訴えを公開しています。 その甲斐あって * * * * に * * * * * さんが記事を掲載してくれる 事が決 まりました。 貴社が「芸能記者の事件簿」という本を発行されていると知り 私の訴えを出 版して頂けないかと、こうして嘆願のメールを認めました。 下に私が発行しているメールマガジンを記載します。 御覧ください。 何卒、 宜しくお願い致します。 竹林政行 ( 以下、省略します。) ++++++++++++++++ 「芸能記者の事件簿」( ぴいぷる社発行 )は、「芸能界本日モ反省ノ色 ナ シ」( はまの出版発行 )よりも踏み込んだ内容ですので、ぴいぷる社 さん の方が私の訴えを取り上げてくれる可能性が高いんじゃないかと思い ます。 皆さん 、 出版社の ぴいぷる社さんに宛てた嘆願メールを peace@pure.co.jp ( 私 の アドレス )まで御寄せ下さいますよう、お願い致します。 私から ぴいぷる社さんに転送します。 ++++++++++++++++ ■ ( 日本テレビさんへの嘆願メール運動について ) もしも、出版社さんが私の訴えを取り上げてくれましたら、私の糾弾に 対し て沈黙を続ける相手側のほうを疑う人々が急増するでしょう。 そして、もっと先に進展していった時、嘆願メール運動という太陽( イ ソッ プの「北風と太陽」の太陽という意味です。)では無く北風が日本テ レビさ んに吹くようになるでしょう。 その時になったら、皆さんの嘆願メールが生きてきます。 ――――――――――――――――――――― ◆ 皆さん 、日本テレビさん宛ての嘆願メールを書いて下さい。 宜しくお願い致します。 私のアドレス peace@pure.co.jp へ送って下さい。 転送しています。 現在までに31名の方が、嘆願メールを書いて下さいました。 嘆願メールの内容に付きましては、下記の URL を御覧ください。 http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/1911/ntv.html ―――――――――――――――――――――
********************************************* 100%真実の告発 98/12/10 第139号 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■( 発行者のことばです。) 2週間前(11月26日 木曜日)に某出版社の編集の方と某ライターさん の 御二人と大阪府堺市の地下鉄御堂筋線 中百舌鳥駅で待ち合わせしました。 私は、待っている間、ひょっとしたら相手側の巧妙な仕掛けで実は刺客が 来 て刺されるんじゃ無いかという不安が頭の片隅をよぎりました。 しかし、本物の編集の方とライターさんが来られました。 今、不安な事は、中百舌駅の近くの喫茶店で無事、取材を終えたあと、別 れ る時に私の態度が、素っ気無かったように思います。 私の事を無礼で冷淡、尊大な奴だと感じられたんじゃ無いでしょうか。 それでボツ(不掲載)になるような事にならないでしょうか。 実は、あの時、膀胱にオシッコが沢山、溜まっていたんです。 早く、ショッピングセンターのトイレに行きたいという生理的欲求が強か っ たんです。 ですから、もし、私の別れの時の素っ気無い態度にカチンと来られてボツ に する決定がなされているようでしたら、上記の理由を鑑みて御再考して 下さ いますよう御願いいたします。 どうか、御助け下さい。宜しくお願いいたします。 また、この場を御借りして御願いする御無礼を御許し下さい。 ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) 質問です。どうして、勝手に曲をつかわれたのか、 そのプロセスを教えてく ださい。 ■( 発行者のことばです。) 11月26日にお受けした取材の際 、全て御話ししました。 掲載されましたら、発売日にお知らせします。 その時は御購読して下さいますようお願い致します。 もしも圧力が掛かって不掲載になったら困りますので発売日まで詳細は秘 密 です。 「文字だけの表現」と「声の強弱や身振り手振り、表情などがある面接取 材」 では、かなり違いがあります。 私は「文字だけの表現」力があまり無いようです。 と、いうよりも、相当にエキセントリックな経緯ですので「文字だけの表 現」 でお伝えする事は難しいのです。 プロのライターさんに期待しています。 だいぶん前に、沢山、作詞しているのだから文章表現できる筈じゃ無いか と いう疑問のメールを頂いた事があります。 しかし、両方できる人もいますが、作詞と文章では違います。 また、私が作詞した大部分の歌はフィクションです。ノンフィクションの 文 章で、しかも、自分自身の辛い経験を書いていますと憂鬱な、そして憎 悪の 感情が湧き起こってきて自分の精神を制御しないといけません。 書くという作業に必要なエネルギーを抑えないで、感情だけを抑えるとい う 事は、私にとって非常に難しいのです。 ですが、去年の12月からインターネット上で告発を始めてから何とか1 年 間、休み休みながら書いて来れました。 ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) 法的措置をとらないのは、何故なのか教えて下さい。 ■( 発行者のことばです。) 著作権侵害に付いては、親告だけでは、訴訟を起こせないと弁護士、警察 、 検察に言われました。 大阪弁護士会へ行って民事訴訟したいと依頼しましたが、証拠が放送局に あ るので無理だと断られました。 直接 、色々な弁護士さんに相談していますが、放送局のような強大な相手 に 証拠を提出してくれるよう交渉してくれる弁護士さんを、まだ、見つけ てい ません。 警察にも行きましたが、放送局が持っている証拠を持ってきたら刑事告訴 を 受理できるが、著作権侵害に付いては親告だけでは、刑事告訴を受理で きな いと退けられました。 検察にも依頼しましたが、警察と同じです。 カレー毒物混入事件の容疑者さんに弁護団が付いているのは、金の力だと 言 われていますが、もし、それが本当なら、私の真実の行方が心配です。 相手側(盗作者たち)は、盗作している歌の印税を持っていますから。 ( しかし、真実が勝たなければオカシイです。最後まで遣ります。) また、いくら盗作者たちが厚顔無知でも、まさか、チャウチェスクと同じ 轍 を踏むような事態を回避すると思います。 真実に対して頭を下げると思います。
********************************************* 100%真実の告発 98/12/12 第140号 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■ メルマガ『★しげのなんとなくメルマガ』(ID:0000009242)さんが、私 の訴えを取り上げて下さいました。 その号を丸ごと掲載させて頂きます。 ------------------------------------- ★しげのなんとなくメルマガ ------------------------------------- 登録解除は http://www2s.biglobe.ne.jp/~DW_shige/mag.html から出来ます。 ------------------------------------- ---------------------------------------------- ■ 井上陽水さん、この歌は私(竹林政行)が作りましたよネ!! □ 堀内孝雄さん、その歌も私(竹林政行)が作りましたよネ!! ■ 阿久 悠さん、あの歌も私(竹林政行)が作りましたよネ!! □ 無料メールマガジン 『100%真実の告発 』 ( ID : 3265 ) ■   http://www.geocities.co.jp/Milkyway/6729/toa.html -----------------------------------------------  まいど〜! しげだよ〜!(^^)/ 冒頭に掲げたこのメルマガ広告。 本誌読者のメルマガジャンキー達には お馴染みなのではないでしょうか? ―――――――――――――――――――― 【 著作権を侵害されている私が作詞作曲した歌 】 ( まだ、あります。) 「飾りじゃないのよ涙は」「傘がない」「氷の世界」 「心もよう」「夢の中 へ」「リバーサイドホテル」「君のひとみは10000ボル ト」「秋止符」「昴」 「チャンピオン」「冬の稲妻」「遠くで汽笛を聞きな がら」「春一番」「悪 女」「あした天気になれ」「この空を飛べたら」「時 刻表」「誘惑」「わか れうた」「冬が来る前に」「雨の慕情」「北の宿から」 「恋人よ」「さざん かの宿」「津軽海峡・冬景色」「舟唄」「昔の名前で出 ています」「雪国」 ――――――――――――――――――――  『100%真実の告発』(ID:3265)とは、上記のような名曲の数々を 発行 者である竹林政行さん自らが作詞作曲していて、それが盗まれて使わ れたも のだと告発し続けてているメルマガで、発行部数はなんとうちの 50倍もあ ります。(うちと較べるのが間違いだな(^^;)  各方面からの圧力によって、公の場でなかなか真実が明らかにならない と お嘆きの竹林政行さんですが、オンオフともに粘り強く告発活動を行っ てき たのが実ったのか、ついにこの度某出版者の方から取材を受けたとい うとこ ろまできたそうです。(よかったねー(^o^))  この竹林政行さんですが、この『100%真実の告発』以外にも、何誌 か メルマガを発行されています。  『100%真実の告白』(ID:0000006394)  『俺が竹林政行や』(ID:0000003570) (もう1誌までは確認してますが、他にも出してます?>竹林政行さん)  この上の2誌は『100%真実の告発』が抜き差しならない状態なので 休 刊ということになっているようです。メルマガジャンキーのしげとして は、 早く真実が明らかになり発行を再開してほしいものですね。(^^)  ところで、『あやしぃわーるどニュース出張所』(ID:0000007812)を読 ん でいたら、竹林政行さんが先月「あやしいわーるどニュース(時事社会経 済ニ ュースネタ専門)掲示板」に書き込みしてるのも見つけました。 (俺はストーカーか?(笑))   では、さらばぢゃあ〜!(^^)/~~~    しげ from DARkNESS [○]ゲーム 友の会 No.2@ソル★ 秘密地下組織MS調査隊 No.2@書記★ 秘密地下組織MS調査隊→http://www2s.biglobe.ne.jp/~DW_shige/MS/ 『★しげのなんとなくメルマガ』へのお便りは rxj06537@nifty.ne.jpまで ------------------------------------------- ■(100%真実の告発の発行者のことばです。) しげさん 、 全面記事広告の形を採って大々的に宣伝して下さいましてありが とうござ います。 今後とも御贔屓の程、宜しく御願い致します。 ++++++++++++++++ ■ 自叙伝( かなり以前のバックナンバーです。今年初夏ぐらいに掲載し ま した。)に追加、補足させて頂きます。 私は1年間、幼稚園に通っていました。幼稚園に入園した直後の昭和34 年 (1959年)4月10日に正田美智子さん(初の民間出身の皇太子妃) 御 成婚の儀式が行われました。ミッチー・ブームの頂点でした。 私より若い年代の方は、想像できないかも知れませんが、その当時はテレ ビ を持っている家庭はほとんど無かったのです。 御成婚の中継を見たいために私の両親はテレビを購入しました。 その中継放送をまだテレビを買っていない近所の方々と一緒に見ていて満 5 歳の私は幼いながらもテレビの威力を知りました。 小学3年(満9歳 、1962年)の時に私は「社会丸ごと大劇場型テレビ 放 送」というものを考案しました。 それは、主人公が私で、しかし、私は表舞台に立たず、ですが、私が「社 会 丸ごと大劇場」の主人公というものです。 超現実版「オズの魔法使い」のようなものです。 これが1970年代に実現したのです。 その詳細を某出版社の編集の方とラ イターさんに御話ししました。 『「文字だけの表現」と「声の強弱や身振り手振り、表情などがある面接 取 材」では、かなり違いがあります。 私は「文字だけの表現」力があまり無いようです。 と、いうよりも、相当にエキセントリックな経緯ですので「文字だけの表 現」 でお伝えする事は難しいのです。 プロのライターさんに期待しています。』 前号でも上記のように書きましたが、本当に物凄く書き辛いのです。 ですが、お叱りのメールを頂きました。 今号から、このように少しずつ書いていきます。 ++++++++++++++++ ◆皆さん 、日本テレビさん宛ての嘆願メールを書いて下さい。 宜しくお願 い致します。 嘆願メールの内容は、下記の URL を御覧ください。 ( http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/1911/ntv.html ) 私のアド レス peace@pure.co.jp へ送って下さい。 転送しています。 現在までに32名の方が、嘆願メールを書いて下さいました。
********************************************* 100%真実の告発 98/12/13 第141号 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■ 12月9日に読者の方から私の名誉を毀損しているHPがあると知らせ て 頂きました。そのHPを読んで腸(はらわた)が煮え返るような思いに なり ました。 悪し様に侮辱、誹謗中傷、名誉毀損しているのです。 すぐに、そのHP画面をフロッピーディスクに保存し、プリントアウトして から、抗議のメールを送信しました。 それ後、何通ものメールのやり取りがありました。 本日、下記のメールを送信しました。 --------------------------------------- -----Original Message----- 差出人 : Masayuki T 宛先 : 日時 : 1998年12月13日 12:42 件名 : RE: 何度も申し訳ありません。 * * * * 様 このメールが貴方の内にある真摯な御気持ちならば、これまでの 私に対する マイナスのネット活動の何十倍、何百倍ものプラスの ネット活動をして下さ い。 第三者の貴方に堺市の裁判所に何度もお越し頂いたり、刑事被告人 になって 頂いたりは、私としては引っ掛かります。 それから、不謹慎なリンクから私のホームページに辿り着いたと 言われてお られますが、私を誹謗中傷、侮辱、名誉毀損していると 思われるホームペー ジを教えて下さい。 以上の事をお約束して頂けるのでしたら、そして、この約束を反古 なさらな い限り、提訴の件は、永久に保留します。 竹林政行 -----Original Message----- 差出人 : 宛先 : Masayuki T 日時 : 1998年12月13日 0:25 件名 : 何度も申し訳ありません。 >竹林 政行様 > >何度も返信の労をおとりいただき、またこちらから > のメールを読んで頂 いて、ありがとうございます。 >このメールに関しては、事務的な話ではありません > ので表現等、友達にタメ口をきくような口調にも なり > 不愉快な思いを感じさせる可能性をまずもってお断り > いたします。 > >こちらのHPのリンクに表現していた人格を無視する > 様な、* * * * 等の表現の不適切さは先のメールで >ご説明した通りであり、素直に謝罪するものであります。 > たとえそれが、法廷の場に於いてでもその軽率さを >謝罪するのにはやぶさかではありません。 > >個人的に竹林政行様のHPを見て、驚くことに地域的にも、 > 時間的にもシンクロニシティーしている部分があり > 文の里中学、平野中学、東住吉工業高校、と、勝手 > 知ったる地元の名前を聞き、親近感を覚えたものです。 > 文の里中学のその頃の校長先生は、たしか、* * 先生 > であったと存じます。 > >その様な記憶がある状況で、桑津中学出身の谷村新司が、 > 東住吉工業高 校時代の竹林政行様と同じ空間でど > のような出会いがあったかは、想像するにた易いことです。 >その様な可能性を黙っておきながら、妄想、ということで > ちゃかした過 去の自分に恥じ入ることでこの様なメール > 書いております。 また、同列のちゃかしたリンクおよび、 > BBSでの引用の尻馬にのってしまった私のアイデン > ティティーの無さに赤面します。 勿論、突然に竹林様 > のURLにぶち当たったのではなく、複数の不謹慎 >なリンクから辿ったものです。 その様な人の人格を侵害 > するような、真実の訴え、権利を獲得することに横やりを > 入れたことに、深く反省している所存です。 >どちらかと言えば、その様な戦うことを応援できる地域、 > 時間的な立場でありながら、それから逃げた自分を > 恥じ入るしだいです。 > >また、メールの転載を頂いた、* * * * さんにもそういった > ご指摘を頂 いて思うところを返信いたしました。 > * * * * さんには、わたくしの矛盾、残酷さ、整合性の無 > さを指摘頂いて、このところのわたくし自身のモヤモヤを > 認識いたしました。 > >名誉毀損罪で刑事提訴、民事提訴できないと高を括って >おりませんが、 今回のこの様な事に関して、法的にも責 > めを負うべきであれば、潔く、 皆さんの話を聞きたいと > 思います。 > > >広く、誰でもが表現できるインターネットというものを利用 > した、真実の訴え、権利の獲得に、第三者として主観を > 元に横槍を入れてしまった自分に恥じ入り、同じくインタ > ーネットを利用した自己表現をも自分で否定し、HP自体 > を閉鎖したい気分ですが、今回のこの経緯が落ち着く >までは、ネットワーク上からは消えないでおく気持ちです。 >でないと、すべての事から逃げた様に思われる方が複数 > いらっしゃいますので。 > > * * * * ++++++++++++++++ ■( 発行者のことばです。) 上記のように治まるとは、思ってもいませんでした。 最後に頂いたメールを読んで、地域的、時間的な周辺の状況を御存知な方 で も私の訴えを否定的に広められていた事を知って愕然となりました。 しかし、結果的には私の訴えが少し進展しました。ほっとしました。 ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) 竹林さんは作詞作曲は全て頭の中で行ったと書かれています。 この事は十分 理解できます。鼻歌でアイデアを出して譜面に起こすという 方法は作曲方法 として当たり前の事ですから。譜面が読めなくても演奏が できる、そういう 人ももちろん世界中に沢山います。
********************************************* 100%真実の告発 98/12/17 真実調書(6) 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■( 発行者のことばです。) 街頭で下記のリクエストの御賛同者の署名を集める活動をします。 『 日本テ レビ御中 “笑福亭鶴瓶”さんと“中島みゆき”さんが出演している「スター 誕生」 をノーカットで再放送して下さい。是非ともよろしくお願いします。』 ――――――――――――――――――― ◆皆さん 、日本テレビさんにメールでリクエストして下さい。 宜しくお願 い致します。 リクエストの内容は、下記の URL を御覧ください。 ( http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/1911/ntv.html ) 私のアド レス peace@pure.co.jp へ送って下さい。 転送しています。 現在までに33名の方が、リクエスト・メールを書いて下さいました。 ++++++++++++++++ ■ 12月13日に私の家に名前を名乗らない男から電話が掛かってきまし た。 人の家に電話を掛けておいて名前を名乗らない男もいるんです。気色 悪いで す。 ○○さんから電話番号を教えてもらいましたと言っていたので ○○さんに問 い合わせたら、その男はネット上で山本チンカスと名乗って いるそうです。 ますます、気色悪いです。 そんな気色の悪い男とは関わり合いにならないよ うにしようと思っていま したが、昨日、ある人からメールで山本チンカスが 私の事を掲示板に記載 していると知らせてくれました。 見に行ったら、電話で喋った事を無断で書いていました。 しかも、その男の主観に合った部分の言葉だけをピックアップしています。 気色の悪い男です。 ただ、その掲示板に「のりびーまん」さんが見事な検証を記載して下さっ て いました。 ■(「のりびーまん」さんの検証です。) 谷村新司や堀内孝雄や鶴瓶が、竹林さんの周辺にいたことは、東住吉区に 住 んでいる私にとっては、理解できます。 その辺の話については、全く矛盾点はありません。 竹林さんの主張が、真実であるという可能性は否定できません。 あのねのね の赤とんぼの歌については、竹林さんが作った可能性を特に 感じ ます。理由は、あのねのねは、当時地方出身者で京都産業大学の学生 だった と思います。 あかとんぼの唄の中で、「あかとんぼ あかとんぼの 羽をとったら あぶ らむ し」とありますがそれを不思議に思った事があります。 当時、竹林さんや私や鶴瓶・谷村新司が住んでいた大阪・東住吉区では、 「ごきぶり」の事を「あぶらむし」と言っていました。あのねのねが作詞し たのなら、「ごきぶり」を「あぶらむし」と呼ぶって、どうして知っていた のでしょうか。 あのねのねの出身地や下宿していた京都では、当時、「ごきぶり」の事を 「あぶらむし」と呼んでいたのでしょうか。 ■( 発行者のことばです。) 原田伸郎、清水国明の出身地はどこでしょうか。その出身地では「ごきぶ り」 の事を「あぶらむし」と呼んでいたのでしょうか。 京都ではどうなのでしょ うか。 私が生まれ育った大阪市阿倍野区、平野区(東住吉区から分区しました) で は「ごきぶり」の事を「あぶらむし」と呼んでいました。
********************************************* 100%真実の告発 98/12/18 真実調書(7) 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■( フリーランスのライター、真宮 希月さんから頂いたメールです。) ずいぶん前になりますが、4月6日の芸能界の内部告発の投稿文中の 匿名、 消去している部分について、 可能ならば、教えては頂けないでしょうか。 ■( 発行者のことばです。) * * さん 、 夏にパソコンが故障してから、貴方のメールアドレスが判らなく なりまし た。 まだ、拙マガジンを御読み頂いておられましたら、真宮 希月さんか私の どち らかまでに教えて下さい。宜しくお願い致します。 ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) 竹林さんが音楽著作権を侵害されている歌、 僕でも知っているものばかりで すが、 昨日、『氷の世界』がテレビで流れていて 初めて聞きました。 驚き・・・なのでしょうか。 震えがきました。良い曲ですね。 僕が聞いてきた音楽と年代は違うけど、 訴えてくるものがありました。 でも、僕は、CDは買いません。 著作権侵害の裁判に勝って、 「作詞作曲 竹林政行」と書き換えられてから、 ファンになりたいと思います。 ■( 発行者のことばです。) どうも有り難う御座います。 『氷の世界』が流れていたテレビ番組とは、どういう番組ですか。 詳しく教えて頂けませんか。出来ましたらどういうシチュエーションかも 教 えて下さい。井上陽水が出演していましたか。 宜しくお願い致します。 ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) 私は香川県出身ですが、うちの家族もゴキブリの事をアブラムシって言い ま すよ。 ■( 発行者のことばです。) そうですか。 ■( 発行者のことばです。) あのねのね の原田は、確か京都出身だと思うのですが、京都もそうなん でし ょうか。 清水の出身地は何処でした? ++++++++++++++++ ■ 街頭で署名を集める活動を始めますが、下記のような署名用紙を考え てい ます。アドバイス等ありましたら御願い致します。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 拝啓 日本テレビ 様 〒102-0084 東京都千代田区二番町 * * (電話代表)03-5275-**** 笑福亭鶴瓶さんと中島みゆきさんが出演していた「スター誕生」を 深夜枠で も構いませんので是非、ノーカットで再放送して下さい。 宜しくお願い致し ます。 -------------------------------------------- -------------- ------------------------------ ( 署名欄を省略しました。) ----------------------- ---------------------------- ---------------- --------------------------------------------- --------------------------------------------- (地球環境保護のため非木材紙【ケナフ100%】を使用しています) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ――――――――――――――――――――――― ◆皆さん 、日本テレビさんにメールでリクエストして下さい。 宜しく お願い致します。 リクエストの内容は、下記の URL を御覧ください。 ( http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/1911/ntv.html ) 私のアド レス peace@pure.co.jp へ送って下さい。 転送しています。 現在までに35名の方が、リクエスト・メールを書いて下さいました。 ―――――――――――――――――――――――
********************************************* 100%真実の告発 98/12/19 真実調書(8) 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■( 読者の方が日本テレビさん宛てに書いて下さったメールです。) -----Original Message----- 差出人 : * * * * 宛先 : peace@pure.co.jp 日時 : 1998年12月17日 13:30 件名 : 嘆願書 『 日本テレビ御中 “笑福亭鶴瓶”さんと“中島みゆき”さんが出演している「スター誕生」 を ノーカットで再放送して下さい。是非ともよろしくお願いします。』 竹林さんという方がご自分の著作権を求めて運動しておられます。 その為に 上記内容の放送が必要となりました。 真実を明白にするのが、メディアの第一線であるテレビ局の勤めだと 思いま す。 もしこの影で泣いている人がいるのであれば、なおさらです。               * * 県 * * 市 * * 町  * * * * ■( 発行者のことばです。) 御協力、かたじけないです。 今後とも宜しくお願い致します。 ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) はじめまして。サイバッチの広告でアクセスして、バックナンバーから 何か ら全て読みました。 竹林さんのおっしゃっていることに対してはとりあえず中立です。 もちろんすべてのいきさつがHP等で明らかにできないのは、仕方の ないこ とだとは思いますが、どうやって盗作されるに至ったのかが 今一つ明確では ないからです。 ただ竹林さんが主張されていることが嘘だとは思いません。 お役に立つかどうかわかりませんが、雑誌の記事の内容を調べる場合 書誌を 使うという手があります。大きな図書館でしたら図書館学の コーナーにおい てあるはずです。 そこでトピックごとに検索してから、実際の雑誌にあたるほうがより 手間が 省けるかと思います。私はいちおう司書の資格を持ってますので、 その辺の アナログな作業については多少のアドバイスができるかとは 思います。 私も4年前にメディアの横暴の被害に遭いました。 くじけずに戦ってほしい、 と思っています。 ■( 発行者のことばです。) アドバイス、どうもありがとうございます。 さっそく書誌で調べます。 今後とも宜しくお願い致します。 ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) > 原田伸郎、清水国明の出身地はどこでしょうか。 > その出身地では「ごきぶり」の事を「あぶらむし」と呼ん > でいたのでしょうか。 原田さんの事はよく知りませんが、清水国明さんは北陸の福井県の出身 です。 私は、北陸の石川県の出身なのですが、「ごきぶり」は「ごきぶ り」でした。 ただ福井はお隣が京都ですから、ただでさえ関西言語区域 の北陸の中でも最 も言葉的には関西寄りですね。あと、言葉って年代に よって違ったりします から、何とも言えません。 全然参考にならなか ったですね。すみません。 m(..)m ■( 発行者のことばです。) そうですね。 この線から証明する事は至難の業ですね。
********************************************* 100%真実の告発 98/12/21 真実調書(9) 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■( 読者の方から頂いたメールです。) いつも、経過を見続けている一読者です。 実名で書かれていてもまだ信じるには、決定打が無いという事が正直な 感想 なのですが、着々と前に進んでいるのを見て、そのうちきっと100 %の真 実が分かると思っています。 ところで、日本テレビの朝6時からやっているジパング朝6の芸能関係 のニ ュースのコーナーで、谷村新司が50歳になるといったニュースが 12月 10日に放送されていたのですが、中村慶一郎さんが「ひげが気 になる、特 に何ていったっけかなぁ。あの演歌の、ひげに誤魔化されて いる気がする よ。」っていうようなことを怒ったような顔で言っていま した。 演歌のっていうのは、もちろん堀内孝雄のことだと思いますが、谷村新 司を 見てこういう事を発言するのは、意味がありそうですよね。 普通誕生日と言っためでたいニュースでコメンテイターがひげに誤魔化 され ているなんて言わないですよね。 ちょっと、気になったのでメール致しました。 見ていられると良いのですが・・・ それでは、いろいろ大変だと思いますががんばってください。 ■( 発行者のことばです。) 知らせて下さいましてありがとうございます。 私は見ていませんでした。全部のチャンネル全番組を見る事は不可能です の で教えて頂きまして非常に助かります。 今後とも宜しくお願い致します。 ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) >『氷の世界』が流れていたテレビ番組とは、どういう >番組ですか。 詳しく教えて頂けませんか。出来まし > たらどういうシチュエーションかも教えて下さい。 > 井上陽水が出演していましたか。 「特報 歌の大辞テン」という番組です。 日本テレビ、毎週水曜日(多分)、20:00〜21:00放送、そのスペシャ ルが 先週放送されていたのですが、「冬の歌ランキング」というのをや っていて、 そこにランク・インしていました。 残念ながら、ライブか昔のテレビかに出演した時の映像を流していただ けで す。 この番組のために歌った、映像を撮ったという事ではなかったようです。 ■( 発行者のことばです。) ある司法書士の方が「いっぺんに著作権侵害者全員と法廷闘争をしたら 物理 的に負かされてしまうだろうから、一人に絞ったほうが良い」とアド バイス してくれました。私もその通りだと思いましたので、井上陽水だけ に配達証 明付き内容証明郵便を送付しました。 それから井上陽水がテレビ出演しているという情報がありません。 それまで ミュージックステーション、笑っていいとも等に出ていました。 配達証明付き内容証明郵便とネットの相乗効果なのかどうかは判りません が テレビに出演していないようです。 ++++++++++++++++ ■( 発行者のことばです。) 国立国会図書館で調べたのは週刊TVガイドなのですが、1か月ごとに 1冊 として閉じてありました。最初の内は3冊、閲覧できたのですが、 ある時間 が来たら2冊しか閲覧できない規則なのです。 請求用紙を出すのに並んでいる時間と書庫から出してくれるのを待つ時間 が 長くて、1日で3年分( 昭和48年から昭和50年)位しか閲覧でき ません でした。結局、手掛かりは得られませんでした。 12月20日(日)に大阪市立中央図書館に行って書誌( 大宅壮一文庫 )で 雑誌のトピックを調べました。そしたら、1979年5月に週刊ポス トが 『 億万長者になった 谷村新司 「気分は犯罪者」』という見出しの (インタ ビュー記事?)を掲載しているのが判りました。 しかし、国会図書館まで行って閲覧しても大した内容では無いかも知れま せ ん。 大阪市立中央図書館に行って1日で以上の事しか得られませんでした。 この図書館には朝日新聞大阪版のマイクロフィルムがありました。 朝日新聞の検索CD ROMもありました。(閉館間際に知ったので大阪 版が あるかどうか聞けませんでした。) ですが、月曜日は休館です。(図書館は休みが多いです。)往復2時間 かか ります。こうして調べていたら遅々としてなかなか捗りません。 芸能界、放 送局に事実関係を知っている人が沢山いるのに・・・・・
********************************************* 100%真実の告発 98/12/21 真実調書(10) 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■( フリーランスのライター、真宮 希月さんから頂いた投稿です。) 竹林さんと話し合いを重ねてきた結果、 物証に乏しく、 告発本としての出版が 不可能であるという結論に達しました。 しかし、竹林さんが開始されようとしている 街頭での署名活動と並行して、 世論に訴える方法として フィクションという形態を採ってみようと考えています。 皆様方にお願い申し上げます。 「この本に期待している」というメールを 書いては頂けないでしょうか。 なぜ、このような事に意味があるのか。 本を出す、出さないというレベルではなく、 世論を動かせるか否か。 これを目標としているためです。 自費出版というのは様々な制約がありますが、 出版社側が「本が売れる打算」があると判断すれば、 自費出版でも最初から通常の流通コードに乗せ、 全国紙上で広告を打ちます。 世論を動かせる可能性も広がります。 実際に本が完成しているわけではないので 買う確約をしろとは言えません。 「真宮 希月著 メールフレンド(仮)という小説に 期待してます」というメールを頂けないでしょうか。 私はそれを持って出版社に売り込みたいと考えています。 上の『メールフレンド』というタイトルは、 今、即興で考えたものです。 私と竹林さんとの出逢いもネット上でした。 読者の皆さんにしてみれば、 ミステリアスな部分だと思います。 私は竹林さんにすでに伝えています。 「私は信じていますという口調では書かない」と。 いち個人としてではなく、 一人のライターとして 読者側に立たなければならないと断言しています。 私宛に「やっぱり信憑性がない」というメールも 多数頂きました。 読者の方々の疑問をすべて解決した形の 本を書かないと意味はありません。 以上の事、御考察の上、 メールを頂ければ幸いです。 疑問に感じている事も含め、 読者の方の御力添えを心待ちにしております。 12月21日 真宮 希月 cap83360@pop01.odn.ne.jp ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) 「昴」「悪女」などと「雪国」は発表された時期も離れています 。 10年くらいの間隔はあるのでは無いでしょうか。 つまり、一度泥棒に入られた家は、鍵を二重三重にかけたり、そう いう対策 をして二度と泥棒に入られないようにするだろうと思います。 ■(発行者のことばです。) 私は、レコード会社の中に足を踏み入れた事が一度もありません。 レコード会社から発表されている時期というのは、著作権を侵害して いる側 に属した事情ですので、私には、どういう事なのか判りません。 バックナンバーに書いていますが、私が人に歌った期間は 15歳(中学3年 の時)から21歳までの6年間です。 人に依って社会的人格、自我、世間知などの成熟具合は違います。 21歳で充分、成熟している人もいるでしょう。 しかし、私は遅熟の人間だったのです。 ――――――――――――――――――――――― ◆皆さん 、日本テレビさんにメールでリクエストして下さい。 宜しく お願い致します。 リクエストの内容は、下記の URL を御覧ください。 ( http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/1911/ntv.html ) 私のアド レス peace@pure.co.jp へ送って下さい。 転送しています。 現在までに35名の方が、リクエスト・メールを書いて下さいました。 ―――――――――――――――――――――――
********************************************* 100%真実の告発 98/12/22 真実調書(11) 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■( 12月21日の夜に読者の方から日本テレビさん宛てのメールを 頂きま した。すぐに日本テレビさんに転送しました。) -----Original Message----- 差出人 : * * * * * * * * * * * 宛先 : 竹林 政行 日時 : 1998年12月21日 23:03 件名 : 日本テレビ様 竹林政行さんの真実を明らかにするために 今年中に重役会議を開いてどちらが正しいか決めてください。 年内に回答が無い場合は竹林政行さんが真実だと決めます。 報道機関は真実を伝えるのが使命ではないですか。 何人も嘆願メールを出しているのに、未だに回答がないのは 歌手をかばって いることになりますよ。 さらに、今年中に回答が無い場合は「日本テレビ」を見ない ことにします。 たとえどんな良い番組が有ろうともです。 ■(発行者のことばです。) ご協力、かたじけないです。 今後とも宜しくお願い致します。 ――――――――――――――――――――――― ◆皆さん 、日本テレビさんにメールでリクエストして下さい。 宜しく お願い致します。 リクエストの内容は、下記の URL を御覧ください。 ( http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/1911/ntv.html ) 私のアド レス peace@pure.co.jp へ送って下さい。 転送しています。 現在までに36名の方が、リクエスト・メールを書いて下さいました ――――――――――――――――――――――― ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) 「赤とんぼの唄」も盗作ということで思い出した事があります。 何年か前の「ものまね王座決定戦(フジ)」で、ダチョウ倶楽部が あのねの ねのものまねをして「赤とんぼの唄」を歌いました。 その時に審査員だったあのねのねが「赤とんぼの唄っていい曲なんで すね〜」 みたいなことを言ってた記憶があります。 この時はウケ狙いかと思ったのですが、本音だったのかも知れません。 (VTRはありません)今後も頑張って下さい。 ++++++++++++++++ ■( フリーランスのライター、真宮 希月さんからの御知らせです。) 昨日だけで数十通ものメールを頂きました。 時間の都合上、遅れる方がいると思いますが、 返事は必ず書きますので その点、御海容ください。 この場を借りてお礼を申し上げておきます。 これからもご支援のほどよろしくお願いします。
********************************************* 100%真実の告発 98/12/28 真実調書(12) 敬称は略させて頂きます。 ********************************************* ■ もしも、まぐまぐさんのシステムが無かったら、・・・ フリーランスのライター、真宮 希月さんと知り合えなかったでしょう。 私の訴えは、永遠に盗作者(井上陽水、堀内孝雄など)たちの胃の中に 閉じ 込められたまま消化液で消されてしまう事になったかも知れません。 その「まぐまぐ」さんを朝日新聞が12月26日朝刊で紹介していると の事 ですので堺市立泉が丘図書館へ見に行きました。 ついでに【 さかい男女共同参画週間 参加事業 】を調べました。 来年の1月19日にJR阪和線「堺市駅」の近くでビデオ&トークが催 され るそうです。 5人の女子高同窓生のその後の生き方を描いた映画のビデオ上映と岸野 令子 氏(映画ライター&パブリスト)の講演だそうです。 この映画の概略を以下に記載します。 『 クラスメイト 』 1990年 タイ映画 監督・脚本・美術 ハンディット・リッタコン ● ストーリー 女子高校の卒業式。クラスメイトたちは、毎年この日に同窓会を開こう と約 束し合って別れた。 大学生になったラムヨンは、美人コンテストに出場し、準ミス・タイに 選ば れた。後援の金満家に、旅行に同伴すれば金をやると誘われ、ショ ックを受 ける。ある日ラムヨンは、ミス・タイになったスンタリーが例 の金満家に会 っているところを目撃。社会の実態に嫌悪感を覚え、男性 不信に陥る。 大学卒業後、ラムヨンは、TV局に入社。ある時、上司命令の「歓楽街 の経 済」を同窓生のリンダーの助けで取材する。売春の餌食になってい る少女た ちの実態を見、勝手にテーマを変更して上司に睨まれる。リン ダーとも大喧 嘩になり、恒例の同窓会も空中分解してしまう。 売春をしていた少女が一人、エイズで死んだ。夫から虐待されても離婚 でき ずにいる親友カントーン。シングルマザーとして生きるスタンリー。 ラムヨンはテーマを掴み、徹底的に少女売春を取材しはじめる。ある日、 暴 力団からつけ狙われかろうじて逃れ局に戻るが、彼女のVTRはボツ、 自宅 待機を命ぜられた。ラムヨンは、局に忍び込み、自分のVTRをオ ンエアす る。番組は好評を博した。その晩、ラムヨンは暴漢に襲われ、 入院する。 恩師や同窓生らが見舞いに訪れる中で、ラムヨンの心は次第に和らんで いっ た。退院後、ラムヨンは長い間彼女を慕っているプルンチャットの 勤務地へ 旅立った。 【 第5回東京国際映画祭(アジア秀作映画週間)出品作 】 上記の映画の主人公のラムヨンの社会正義、使命感を貫こうとする姿勢 が、 真宮 希月さんの志と通じています。 この映画の上映を決められたのは岸野 令子さんだと思います。 来年、出版する本が反響を呼んだら、岸野 令子さんに映画化に付いて のアド バイスを頂こうと考えています。 ++++++++++++++++ ■( 読者の方から頂いたメールです。) 真宮さんが、どうして竹林さんの訴えを真剣に受け止めているのか、 私には 不思議でなりません。 ■( 発行者のことばです。) 真宮さんから頂いたメールの一部分を抜き書きします。 ------(ここから)--------------- 「私は譜面を書けません。 私は歌って聞かせました。 私の手元には譜面も録音テープもありません」 バックナンバーを読んでいて思いました。 「自作自演と指摘している人達は分からないのだろうか。 もし、あなたが自作自演する側の人間だとすれば、 このような書き方をしますか? 論より証拠だと言われるのを分かってて、 このような書き方をしますか?」 と。 僕は逆なんですよ。 竹林さんが「私は譜面を書けない」と、 最初から言い切り、それを貫いているからこそ 信じられる気持ちが湧きました。 譜面を書けない、楽器を弾けないという人が 口で作曲するなど当たり前なのに・・・ そして、私の信頼を決定づけたのは、 4月半ば、『過去に作曲の勉強をした人』の、 「誰もが過去の名曲のコードを アレンジして作曲する」というメール。 これに対して竹林さんが 「今すぐ購読を止めて下さい」と言っているからです。 竹林さんは後に謝罪されていますが、 僕は「ふざけるな!」という気持ちにとらわれました。 僕がもし竹林さんの立場だったら 同じことを言ったと思います。 「どうして謝る必要があるのか。 この人達は、ものをクリエイトすることが どういう事なのかぜんぜん分かっちゃいない」 と感じました。 僕はノンフィクションに限らず、 (あくまでも趣味の範疇ですが)フィクションにも チャレンジしています。 いつ、どのような状況でアイデアが出てくるか、 僕自身にも分からない部分があります。 こんな事がありました。 『限りない欲望の中に』という歌があります。 『幸せって 誰もが欲しがる Ecstasy むさぼって手にして それでも求める 限りない欲望の中に 言えぬ、犠牲もあるけど 情熱と勇気あるなら 歩き続けるしかない』 僕はこのフレーズを聞いたとき、 「他人が望むものをすべて持っている人間、 その人が抱くコンプレックス」というテーマが浮かびました。 「どうして音楽を聴いていて 文章のアイデアが浮かぶの?」と聞かれれば、 僕はこう答えるでしょう。 「僕のほうこそ教えて欲しい」と。 この詩を読んだだけでも駄目、 この曲を聞いているだけでも駄目、 強いて言うならば、「この曲とこの詩を この日のこの時間にこの状況で・・・」 僕はそれを分かって欲しいなどとは思いませんし、 論理的に説明するなど、ナンセンスだと思います。 竹林さんが謝罪されていることについては ああする以外に仕方がなかったのでしょうね。 まさに四面楚歌、反論しても誰も分かっちゃくれない、 苦悩、想像を絶する苦痛・・・ それらの感情が文面から滲み出ています。 だからこそ、僕は 「もう間違いない。この人の言っている事は真実だ」 と、疑う余地などなく なりました。 「過去の名曲のコードをアレンジする」 という作曲者さんに言いたいですよ。 「それこそパクリではないのですか? 真のクリエイターならば、 他人と違う事を、自分にしかないものを 表現したいって思うはずでしょ?」 「もっと良い曲が書けるはずだ」ですか。 もはや、笑うしかありませんね。 竹林さんが盗作された曲、 僕でも知っているものばかりですが、 昨日、『氷の世界』がテレビで流れていて 初めて聞きました。 驚き・・・なのでしょうか。 震えがきました。良い曲ですね。 僕が聞いてきた音楽と年代は違うけど、 訴えてくるものがありました。 でも、僕は、CDは買いません。 著作権侵害の裁判に勝って、 「作詞、作曲 竹林政行」と書き換えられてから、 ファンになりたいと思います。 ------(ここまで)--------------------- 初めて理解者に巡り会えたと思います。 しかも、ライターさんですので私の訴えにとっては、理想的な展開です。
このページへのリンクはフリーです。事後連絡も必要ありません。 メールマガジン「100%真実の告発 」は無断転載禁止です。 ご意見、ご感想はE-Mailでpeace@pure.co.jp まで。 戻る